2020年10月21日水曜日

団だより号外 西銘純恵県議による反対討論

日本共産党 沖縄県議団の団だより号外として、

10月13日の本会議最終日の西銘純恵県議の「那覇軍港の早期移設と浦添西海岸開発計画の早期実現を求める意見書・決議」への反対討論の全文を掲載し、発行しました。 

県内のしんぶん赤旗日刊紙(予定では23日)、日曜版(25日付)に折り込みされる予定です。 是非お読み頂き、浦添軍港建設問題について考えて頂けたら幸いです。




2020年10月14日水曜日

各紙 西銘純恵議員の反対討論

(しんぶん赤旗、琉球新報、沖縄タイムス 14日付) 

本日の各紙で、昨日の沖縄県議会本会議での、「那覇港湾施設(那覇軍港)の早期移設と浦添市西海岸開発計画の早期実現を求める」意見書と決議に対する、西銘純恵議員の反対討論の内容が取り上げられています。 

是非お読みください。






2020年10月13日火曜日

本会議最終日 那覇軍港意見書 西銘純恵議員が反対討論

本日、沖縄県議会定例会 本会議最終日でした。 


沖縄自民党、公明党、無所属の会、おきなわ の議員より、「那覇港湾施設(那覇軍港)の早期移設と浦添市西海岸開発計画の早期実現を求める」意見書と決議が提出され、西銘純恵県議が反対討論に立ちました。 


西銘議員は、沖縄の海の美しさ、絶滅危惧種の生物も生きる浦添西海岸であること、環境破壊の問題、遊休化している那覇軍港は早期無条件返還するべきであること、米軍基地は沖縄の経済発展の最大の阻害要因であること等を訴え、「米軍基地の犠牲と負担、過酷な苦難を押しつける那覇軍港の浦添移設推進に対して、日本共産党は断固反対することを表明して討論といたします。」と締めました。 


結果は残念ながら可決されてしまいましたが、多くの方から西銘議員の討論に感動した、よく分かったとのお言葉を頂きました。 


反対:日本共産党、沖縄・平和 

賛成:自民党、公明党、無所属の会、おきなわ 

退席:てぃーだネット

2020年10月11日日曜日

(沖縄タイムス)「通級指導」児童生徒大幅増加・「制服自由選択制」広がる

 本日(11日付)の沖縄タイムスで、先の沖縄県議会定例会一般質問の中で、 

比嘉瑞己県議の質問により、「通級指導」を受けている児童生徒が大幅に増加していることが明らかになったこと、 

島袋恵祐県議の質問により、県内の中学校、高校で「制服自由選択制」が広がりつつあると分かった事が紹介されています。




2020年10月7日水曜日

沖縄タイムス 10月6日 文教厚生委員会

(沖縄タイムス 7日付) 

昨日開かれた県議会 文教厚生委員会の中で、瀬長美佐雄委員の質問により、医療機関への空床保障予算、医療関係者への協力金の執行状況、こども医療費助成制度を中学卒業まで拡大することへの県の見解が明らかになった事が取り上げられています。



比嘉瑞己県議、玉城ノブ子県議の一般質問より

 (沖縄タイムス 7日付) 

9月30日、10月1日の一般質問の中で、比嘉瑞己県議、玉城ノブ子県議の質問により、コロナの影響により、歯科医療費の大幅減、医療費全体の減少に係る数値、国民健康保険料の減免状況が明らかになりました。



2020年10月6日火曜日

渡久地修議員への答弁「米軍私用車課税 県試算で9億円 - 対象2万4394台」

 (琉球新報 6日付) 

5日に開かれた県議会 総務企画委員会の中で、渡久地修委員の質問により、米軍関係者の私有車への自動車税に標準税率で課税した場合9億6,500万円となるが、実際の税額は3億275万円であり、その差は6億6,225万円であることは明らかになったことが取り上げられています。





2020年10月4日日曜日

しんぶん赤旗 「米軍ゴミ放置 責任は - 赤嶺氏調査 北部訓練場跡地」

 (しんぶん赤旗 4日付) 

「米軍ゴミ放置 責任は - 赤嶺氏調査 北部訓練場跡地」 

昨日、赤嶺政賢衆院議員と、瀬長美佐雄県議は、東村高江の北部訓練場返還地での米軍廃棄物放置問題を告発した、チョウ類研究者の宮城秋乃さんの案内で、現地の調査を行いました。 

宮城さんは廃棄物による自然や生物への悪影響を心配していることを伝えました。 
是非、記事をお読みください。







2020年10月1日木曜日

玉城武光議員 一般質問

 沖縄県議会第6回定例会 本会議一般質問最終日。 

5番目に、日本共産党 玉城武光県議が登壇しました。 


質問の大項目は以下の通りです。 

1 農林水産業の振興について 

2 米軍基地問題について 

(通告にあった3、4、5については時間の関係上質問を取り下げました。)



比嘉瑞己議員 一般質問

 

沖縄県議会第6回定例会 本会議一般質問最終日。 

質問順序3番目、午後一番に日本共産党 比嘉瑞己 県議が登壇しました。 



質問の大項目は以下の通りです。 

1 新型コロナウイルス感染症の影響と対策について 
2 辺野古新基地建設問題について 
3 那覇軍港移設問題について 
4 特別支援教育について 
5 離島航空路再開について



2020年9月30日水曜日

沖縄タイムス 代表質問「県議会 教育関係の質問」

 (沖縄タイムス 9月30日付) 

9月25日の県議会 代表質問の中で、西銘純恵県議の質問により明らかになった、
「少人数学級」への課題と県の取り組み、教育現場等へのコロナ対応の財政支援、状況等が取り上げられています。



2020年8月9日日曜日

しんぶん赤旗「F15訓練中止を - 党沖縄県委 部品落下に防衛局抗議」

(しんぶん赤旗 8月9日付) 

「F15訓練中止を - 党沖縄県委 部品落下に防衛局抗議」 

8月7日、日本共産党 沖縄県委員会が、4日に米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が部品を落下させた事故を受けて沖縄防衛局に対し、事故原因を徹底究明し速やかに県民に公表することや、同戦闘機の訓練の即時中止などを求め抗議しました。 抗議には、西銘純恵県議、瀬長美佐雄県議、比嘉瑞己県議、前宮みつこ沖縄市議、田中康栄嘉手納町議が参加。 

"瀬長氏は、米軍が事故原因不明としたまま同型機の飛行を継続させていることについて「(同防衛局は)事故原因の報告も受けていないのに飛行を許している。異常だ」と指摘。「米軍にやりたい放題をさせている」と述べ、同防衛局として主体的に原因調査や再発防止をする必要性を強調しました。"





2020年8月8日土曜日

しんぶん赤旗 「翁長雄志前沖縄知事 急逝2年 日本共産党県議団長 渡久地修さんに聞く」

(しんぶん赤旗 8月8日付) 

翁長雄志前沖縄知事 急逝2年 日本共産党県議団長 渡久地修さんに聞く 
- 県民は団結と勇気受け継ぐ
 (洞口昇幸記者)