2022年11月25日金曜日

琉球新報 記者席「怒りと心配 エネルギーに」(比嘉瑞己県議)

11月23日付琉球新報・記者席は比嘉瑞己県議でした。 

山積みの問題の解決に奮闘し、休む暇がない日々を走る続ける様が書かれています。
ぜひご一読ください。 

「怒りと心配 エネルギーに」

2022年11月18日金曜日

沖縄タイムス 記者のメモ「不戦の思い次代に継ぐ」(比嘉瑞己県議)

本日の沖縄タイムス 記者のメモは比嘉瑞己県議です。 

先週、ひめゆり平和祈念資料館を視察した際に持った議員の思いを記事にして頂いています。 是非お読みください。 

「不戦の思い次代に継ぐ」

琉球新報 記者席「『だまし』には鋭く」(西銘純恵県議)

本日の琉球新報 記者席は西銘純恵県議です。 

先週、日米共同統合演習の中止を求めて、沖縄防衛局への抗議要請を行った時のこと、その後の議員の憤りが書かれています。 
是非お読みください。 

「『だまし』には鋭く」



沖縄タイムス 記者のメモ「日米統合訓練に危機感」(渡久地修県議)

11日の沖縄タイムス 記者のメモは渡久地修県議でした。 

与党会派での申し入れの際に、沖縄を再び戦場にさせないと訴える議員の事が取り上げられています。 
是非お読みください。 

「日米統合訓練に危機感」



2022年10月14日金曜日

しんぶん赤旗 10月13日付「平和発信拠点の沖縄に - 渡久地県議質問にデニー知事」

(しんぶん赤旗 10月13日付) 

「平和発信拠点の沖縄に - 渡久地県議質問にデニー知事」 

11日に行なわれた、渡久地修県議の代表質問の内容が取り上げられています。 
是非お読みください。



2022年10月11日火曜日

渡久地修県議 代表質問

本日、トップバッターの登壇で、日本共産党 渡久地修議員の代表質問が行われました。 

質問の大項目は以下の21項目です。 

1 知事選挙の結果について 
2 沖縄県知事としての沖縄の歴史認識について問う 
3 沖縄を戦場にさせないために 
4 中国との国交回復50年に当たって 
5 普天間基地の運用停止、閉鎖撤去、辺野古新基地建設を断念させることについて 
6 欠陥機オスプレイが配備されて10年になる。墜落の危険性はますます高まっている。配備撤回を求めるとともに、自衛隊のオスプレイの沖縄での訓練は断固拒否すべきである。見解を問う 
7 嘉手納基地内の米軍防錆施設建設の中止を求めるべきである。見解を問う 
8 「重要土地等調査規制法」の廃止を求めることについて 
9 政府の沖縄振興について 
10 コロナ感染防止対策について 
11 物価高騰について 
12 県経済と県民生活の再生について 
13 畜産農家への支援について 
14 教育について 
15 県として高齢者の補聴器補助制度を創設すべきではないか 
16 米軍基地由来のPFASから県民の命と健康を守るための対策について 
17 ジェンダー平等、性の多様性を尊重する社会の実現への県の施策について 
18 旧日本軍32軍壕の第5坑口の土地取得費が計上されているが、取得後早期に第5坑口をまず公開すべきである。また、第1坑口の調査状況と保存公開計画の進捗状況を伺う 
19 いよいよ首里城の復元に取りかかることになる。改めて県民の力で復元させる意義と計画、進行状況について問う 
20 首里城焼失、世界的なコロナ感染後の初めての世界のウチナーンチュ大会である。大会開催の意義と準備状況について問う。また、世界のウチナーンチュネットワークの構築についても伺う 
21 旧統一教会と霊感商法について











2022年10月7日金曜日

10月11日 渡久地修県議の代表質問のお知らせ

来週10月11日(火)県議会代表質問にトップバッターで、渡久地修議員が登壇します。 

デニー県政の2期目への決意、沖縄を戦場にさせないための県の見解、米軍基地問題に関して、沖縄振興、コロナ対策、物価高騰、県経済、教育、旧統一協会と霊感商法について、他質問します。 

県議会のホームページからもネット中継をご視聴頂けます。 是非ご視聴ください。 https://www.pref.okinawa.jp/site/gikai/310327.html



2022年9月23日金曜日

しんぶん赤旗「新基地設計変更・国交相採決は違法 - デニー知事 抗告訴訟提起へ議案」

(しんぶん赤旗 23日付) 
「新基地設計変更・国交相採決は違法 - デニー知事 抗告訴訟提起へ議案」 

昨日の県議会臨時議会での、玉城武光県議の質疑と玉城デニー 知事、県の答弁内容です。 
是非お読みください。



2022年9月22日木曜日

9月22日臨時議会1日目

本日22日、沖縄県議会第5回臨時議会が開かれ、
「辺野古新基地建設に係る埋立地用途変更・設計概要変更承認申請を不承認とする処分に係る国土交通大臣の裁決の取消請求について訴えを提起するための議決案」(乙第1号議案)、
これに係る「抗告訴訟の提起に要する経費」の補正予算議案(甲第1号議案)についての審議が行われました。 

議案提案する玉城デニー知事


沖縄自民党の2名の議員の質疑に続き、日本共産党沖縄県議団 玉城武光県議が質疑し、 
「新基地建設を進める同じ内閣の一員である国土交通大臣が『取消し』を行ってきた。こうした行政行為が認められれば知事の権限や役割が否定され、何でも国の思うがままになってしまう。これは沖縄だけでなく、全国の問題だ。」 
「過去の県知事選挙、県民投票で計4回も圧倒的な民意が示され、県内世論調査でも県内移設反対が68%、県知事選後の政府の姿勢を『支持しない』が57%を占めた。政府は辺野古新基地建設を断念し、普天間基地の閉鎖・撤去を決断すべき」と訴えました。 

玉城武光議員


午後、付託された米軍基地関係特別委員会(瀬長美佐雄委員、比嘉瑞己委員)、総務企画委員会(渡久地修委員、西銘純恵委員)が開かれ、 
米軍基地関係特別委員会では賛成6、反対6、退室1、委員長採決で否決、 
総務企画委員会では賛成7、反対4、退室1で可決されました。 

比嘉瑞己委員

瀬長美佐雄委員

渡久地修委員

西銘純恵委員



9月26日(月)の臨時議会本会議で採択されます。

2022年9月16日金曜日

玉城デニー知事が県議団会派室に

先日見事再選をされた玉城デニー知事が、日本共産党沖縄県議団の会派室にご挨拶に来てくださいました。 

短い時間ですが、デニー県政2期目に向けての互いの決意などの意見交換をしました。 
(しまぶく恵祐県議は別の公務の為、残念ながら不在でした。)



2022年8月10日水曜日

琉球新報 記者席 渡久地修議員「『有事に備える議論』に憂慮」

本日の琉球新報 記者席は渡久地修県議です。 

有事に備える議論よりも、絶対に戦争をさせないためにどうするか。
「軍事対軍事ではなく、平和的な外交で解決を」と主張する委員会での発言が取り上げられています。是非ご一読ください。 

「『有事に備える議論』に憂慮」

2022年8月9日火曜日

沖縄タイムス 記者のメモ しまぶく恵祐議員「教団と政治の関係断て」

本日の沖縄タイムス 記者のメモは しまぶく恵祐 県議です。 

先日の沖縄タイムス様の「旧統一教会との関係に関する」議員アンケートの中で、実態解明の必要性をコメントした事に対し、「企業、団体献金を受け取っていない共産党だからこそ主張は明快」と書かれています。 
(ちなみに日本共産党は、政党助成金も受け取っていません) 

「教団と政治の関係断て」 ぜひご一読ください。



玉城デニー 著「新時代 沖縄の挑戦」書評(渡久地修議員)

(しんぶん赤旗 7日付 読書欄) 

玉城デニー 知事著 
【新時代 沖縄の挑戦 - 復帰50年 誰一人取り残さない未来へ】 

渡久地修 県議の書評です。 
”本書は沖縄の歴史の世代的継承という直面している課題と、さまざまな誤解と疑問、意見に向き合ったものである。” 

是非お読み頂きたいと思います。