2020年5月27日水曜日

とぐち修県議著「沖縄と日本の未来を拓く力に 〜 翁長県政と歩んだ四年間」

2018年末に発行された、渡久地修 県議団長の著書
「沖縄と日本の未来を拓く力に 〜 翁長県政と歩んだ四年間」


最近また全国からの注文を数件頂いています。

ご自宅での読書の時間が増えた今、改めて沖縄の抱える問題を見直して頂くのに絶好の一冊です。 
まだお読みでない方には是非ともよろしくお願い致します。(昨年増刷しました!) 

沖縄県議選を目前にした今、是非とも激動の翁長県政の4年間のたたかいから、未来への展望を見つけて頂きたいと思います。 

■ご注文は、日本共産党沖縄県議団事務局まで。
電話:098-866-2756
FAX:098-866-2577
Mail:jcpok@oki-gikai.jp


メールの際は、「お名前(フルネーム)」「ご住所」「お電話番号」「希望冊数」をご明記ください。
書籍と一緒に、本代と送料を記入した郵便振替用紙を送らせて頂きます。

2020年5月10日日曜日

(赤旗・タイムス)「新型コロナウイルス感染症から県民のくらしを守る諸施策の支援について」の申し入れについて

(しんぶん赤旗 10日付 / 沖縄タイムス 9日付)

8日、日本共産党 沖縄県議団が行った、県への「新型コロナウイルス感染症から県民のくらしを守る諸施策の支援について」の申し入れについて、しんぶん赤旗と沖縄タイムスで取り上げて頂いています。

▪︎しんぶん赤旗「支援策 早く確実に - 沖縄県に党県議団要請」


▪︎沖縄タイムス「支援体制の整備 共産が県へ要請」


2020年5月8日金曜日

「新型コロナウイルス感染症から県民のくらしを守る諸施策の支援について」申し入れ

日本共産党 沖縄県議団は、事業所、商店等を営む方からの諸支援策、給付金の申請等について申請が煩雑、高齢で申請が難しい等のハードルの高さの深刻な相談を受け、
本日、「新型コロナウイルス感染症から県民のくらしを守る諸施策の支援について」申し入れをしました。

富川副知事、担当部局からは県民の皆様からのご意見、この度の申し入れを受け止めて、制度の随時改善、なるべく負担を少なく、漏れなく申請して頂けるようにしていきたいとの答えがありました。

(密を避ける為、渡久地修県議団長と、比嘉瑞己県議が代表して申し入れを行いました)




2020年5月2日土曜日

(赤旗 2日付)「PCR検査センター設置へ - 沖縄県議会 第2次補正予算を可決」

(しんぶん赤旗 2日付一面)

昨日の沖縄県議会 臨時議会での日本共産党 とぐち修 県議の質問内容が取り上げられています。是非お読みください。

「PCR検査センター設置へ - 沖縄県議会 第2次補正予算を可決」


2020年5月1日金曜日

沖縄県議会 臨時議会(補正予算)

本日(5月1日)、沖縄県議会は補正予算に関する臨時議会が開かれました。

本会議の中では、とぐち修議員が質問に立ち、医療体制への支援の緊急性を訴え、PCRセンターの拡充とOISTと協力して、しっかりと県内で素早く結果が出るようにすること、休業要請対象の拡充、中小企業業者の家賃に関する法案の成立を全国知事会などと共に急ぎ要望すべきだと訴えました。


質問をする渡久地修議員

玉城デニー知事

議案審議の付託を受けた総務企画委員会(渡久地修委員長)では、比嘉みずき議員が質問をし、県内に今月設置予定のPCR検査センターの仕組みなどの県民へのお知らせ、医療機関、福祉、介護施設へのマスクや防護服の確保、緊急支援金事業の対象業種の拡充などを訴えました。
また、日本共産党が医療従事者の方々からの相談を受けて要望した、朝夕の交通規制に医療従事者のみなさんへの通行許可証の発行について、迅速に対応してくださった公安委員会(県警)への感謝の言葉と、現時点での実績数を問いました。

比嘉瑞己議員

再開された本会議にて、渡久地修総務企画委員長より委員会報告があり、457億円の補正予算が可決されました。

総務企画委員長として委員会報告をする渡久地修委員長

2020年4月26日日曜日

(赤旗 26日付)「水道料金減額・免除を - 沖縄県議会与党会派が要請」

(しんぶん赤旗 26日付)

「水道料金減額・免除を - 沖縄県議会与党会派が要請」 

日本共産党 とぐち修 県議団長、社民・社大・結連合 照屋大河会派長、会派おきなわ 瑞慶覧功会派長ら県議会与党会派各代表が、24日富川副知事に面会し、水道料金の減額や免除などを求める要請書を提出しました。


(左から)富川副知事、瑞慶覧功県議、渡久地修県議、照屋大河県議




2020年4月22日水曜日

(赤旗 22日付)「家庭へ現金給付早く - 沖縄・浦添市 市長に ニシメ純恵県議要請」

(しんぶん赤旗 22日付)

「家庭へ現金給付早く - 沖縄・浦添市 市長に ニシメ純恵県議要請」 

21日、西銘純恵県議と日本共産党 浦添市議団(西銘健市議団長、伊礼悠記市議、田畑翔吾市議)は松本浦添市長に対し、保育園休園で所得が減少する家庭への早期の現金給付、市内事業者への家賃補助などの緊急対策を申し入れました。
(申し入れは先月に続いて2度目)


2020年4月21日火曜日

県議団だより 第151号

日本共産党 沖縄県議団だより 第151号が出来ました!

2月、3月に開かれた定例会中の内容が中心です。ぜひお読みください。





2020年4月18日土曜日

(沖縄タイムス 18日付)「共産党県議団が医療政策を要請」

(沖縄タイムス 18日付)

昨日、日本共産党 沖縄県議団が行った「新型コロナウイルス感染症に関する医療政策への申し入れ」を取り上げられています。


また、同紙の「記者のメモ」欄は、昨日の県議団の申し入れの際の謝花副知事。
是非、併せてお読みください。


2020年4月17日金曜日

県議団三回目の申し入れ「新型コロナウイルス感染症に関する医療政策への申し入れ」

本日、沖縄県議団が、三回目のコロナウイルス対策に関する申し入れとして
「新型コロナウイルス感染症に関する医療政策への申し入れ」を謝花副知事に行いました。


県議団は15日、感染症の権威である医師から医療体制の問題点、PCR検査センターの設置についてなどについてレクを受けました。
その内容を踏まえての今回の申し入れとなります。

副知事は、提言も踏まえて県でも全力で取り組むことを回答。
また全国知事会でもPCR検査体制について国に提言する方向である事等の報告がありました。



2020年4月12日日曜日

(赤旗 12日付) 「有害泡消化剤が大量漏出 - こども園にも飛散」

(しんぶん赤旗 12日付)

沖縄・普天間基地 「有害泡消化剤が大量漏出 - こども園にも飛散」


10日、米軍普天間飛行場から有機フッ素化合物PFOSを含む泡消火剤が大量に漏出したとの情報を受けて、昨日の朝、沖縄県議団は現地での聞き取りなどの調査を行いました。

とぐち修県議団長「住宅地のど真ん中に基地が存在する危険性が改めて浮き彫りになった。」



〈関連記事〉ジョン・ミッチェル氏「米軍は惑星最大の汚染者だ」
(聞き手:石黒みずほ記者)


2020年4月10日金曜日

党沖縄県議団 2度目の「新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急申し入れ」

本日、日本共産党 沖縄県議団は玉城デニー知事に対し、3月5日に続き、
2度目の「新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急申し入れ」を行いました。


現状や対策について、嘉数商工労働部長、池田総務部長、大城保健医療部長からも説明を受け、各議員からも個別に要望等を伝えました。







(追記)
4月11日付しんぶん赤旗にて、申し入れの内容を取り上げて頂きました。

「検査・医療・助成を - 沖縄 知事に共産党県議団」